今では黒髪の方のほうが珍しいほど、たくさんの方が髪の毛をカラーリングしていますよね。ファッションの一部として自分に合った色に染めている方は多いですし、染めることが出来る色の種類もとてもたくさんありますので、そのときどきによって髪の色を変えることも出来、性別・年齢問わずみなさん楽しんでカラーリングを行っているようです。

ですが、私たち日本人の元の髪の毛は黒ですので、一度カラーリングをしたらしばらくすると新しく生えてきた髪の色との境目がはっきりしてきて、ちょっとはずかしい見た目になってしまいますよね。カラーリングした髪の色を保つには、定期的に美容院に通い新しく生えてきた髪に色を入れてもらわなくてはならず、その手間がちょっと大変に思えてくるときもあります。

そんな、カラーリングはしたいけれど美容院に通う手間が惜しい、時間がない、という方にお勧めなのが自分で行う毛染めです。

毛染めといってもおしゃれ染めや白髪染め、部分染めなど色々な方法がありますが、どれもカラーリング剤は市販されていますし自分ですることが出来るんです。自分でするなら美容院に行く手間は省けますし、好きな色のカラーリング剤を買って自宅で手軽に毛染めを楽しむことが出来、とても便利ですよね。

しかし、今まで美容院でしか毛染めをしたことがない方にとったら、自分でなんてできるの?と不安に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

当サイトではそのような、自分で行う毛染めに対して不安を持っている人や、これから毛染めをするにあたってどんな風にしたらいいのかお悩みの方のお力になれるよう、毛染めの豆知識を書いていこうと思います。

たとえば毛染めの仕方やカラーリング剤の選び方、おしゃれ染めや白髪染め、部分染めの違いなどを書いていきますので、これから自分で毛染めをする方、したいと思っている方はぜひ参考にして下さいね。

ここに取り上げている情報が、あなたのお役に立てたらわたしもとても嬉しく思います。

オススメの情報

髪の毛は、ヘアカラーで染めるものと思いがちですが、隠すという考えもあります。ヘアマニキュアなども、髪をコーティングして色を変えるという意味では、隠す形になるでしょうか。白髪も染めるのではなくファンデーションなどで白髪を隠すことで頭皮に負担をかけず、髪を染めるというのも良い選択です。ちなみにヘアカラーとヘアマニキュアの違いについては花王のQ&Aサイトが役に立ちます。